ヴィヴィアンウエストウッド、ジャンポールゴルチェ、アルセラピィ、アレキサンダーマックィーンなど豊富な品揃えを誇る大阪なんばのセレクトショップ|Gallery

JeanPaulGAULTIER国内最多を誇る大阪心斎橋&なんばのセレクトショップ|Gallery

ヴィヴィアンウエストウッド、ジャンポールゴルチェ、ジュニアゴルチェ、アルセラピィ、アレキサンダーマックィーンなど

 
HOME»  フィセルローズについて
フィセルローズ

国産ゴルチェの「ニューローズ」の復刻的シリーズ。
素材、技術、工程、工場、スタッフに至るまでゴルチェの「ニューローズ」と同じです。
薔薇と組み合わせてあるロゴはゴルチェで使用していたロゴを使用「A」「R」「T」「E」「P」「I」に関して。
薔薇部の色は手作業で着色していますので、一点一点微妙に仕上がりが異なります。
盛り上げ加工、汚し加工を施したバラのモチーフ。

国産ゴルチェの「NEW ROSE」シリーズについて
ゴルチェの1989年 春夏パリコレ「168着で世界一周」は、ベルナルド ベルトルッチ監督の映画「ラスト エンペラー」にインスパイアされたものであった。
更に当時パリ200年祭と時を同じくし、フランス革命、ヴァスティーユ牢獄をテーマにした。
牢獄風の籠のような服、それを着る女性は囚われたマリー アントワネットと社会に束縛された女性。
籠は女性を束縛する社会のイメージ。ゴルチェ流のフェミニズム。
更にそのコレクションでは、中国の美術工芸とフランスのMIXである「アールヌーヴォー」調のデザインを数多く発表した。
その為、ホワイとの国産商品のデザインのアプルーバルの際にゴルチェ社側が恐らく「ROSE NOUVEAU」と名付けたものを英語に直訳してしまい「New Rose」となってしまったと思われる。
英語の「New」になってしまった為、「アールヌーヴォー」の意が商品名から失われてしまい、何の「New」なのかわからず皆が「New Rose」と呼んでいる。
90年代Galleryは再三「ROSE NOUVEAU」に名称を戻すように提案したが、聞き入れてもらえず、そのままこの名前で定着してしまった。
このコレクションはいくつものテーマを盛り込んでおり、中国の騎馬文化からインスパイアされ、アメリカのウェスタン ファッションとの共通点を見出しMIXデザインしたものを数多く発表した。
実はこの薔薇の柄、構図はアールヌーヴォーだけでなく、ウェスタンの工芸品やウェスタン シャツの刺繍の柄や構図をMIXしている。
その為、様々な美術本を調べても照合できるものがない。非常にオリジナル性の高いゴルチェ独自の美術である。
現在のアルセラピィのフィセルローズの柄は、アールヌーヴォーやウェスタンをソースとはしていない。

artherapie,心斎橋セレクトショップ,なんばセレクトショップ
フィセルローズのシリーズの中で最も人気のあるカラーがこのボルドー色です。
ボルドー色にゴールドの薔薇の配色は国産ゴルチェのニューローズシリーズにはなかった配色です。
これは(株)ホワイ自身が考案した配色です。

artherapie,心斎橋セレクトショップ,なんばセレクトショップ
シルバー色にトーンの違うシルバー色の薔薇の配色は国産ゴルチェのニューローズシリーズにはなかった配色です。
一見すると同じに感じるかもしれませんが、国産ゴルチェのニューローズシリーズのシルバーは、
一回の型押しで背景と薔薇が同色になっています。
アルセラピィのフィセルローズのシルバーは、トーンの違うシルバー色を薔薇にのせて再度彩色しています。
意図的に国産ゴルチェよりもひと手間多い工程です。これは(株)ホワイ自身が考案した配色です。

artherapie,心斎橋セレクトショップ,なんばセレクトショップ
国産ゴルチェのニューローズシリーズに於いても、ピンクカラーは非常に人気がありました。
ゴルチェのサイフ類の中でピンクでこれほどヒットした商品は約三十年間でこれしかありません。
アルセラピィのこのフィセルローズシリーズに於いても全く同じ現象で、唯一ピンクでヒットしています。
国産ゴルチェのニューローズのピンクと全く同じ発色が再現できている為と思われます。

artherapie,心斎橋セレクトショップ,なんばセレクトショップ
アイボリー色はGalleryの提案により製品化。
フィセルローズのアイボリーカラーは、アルセラピィのアイボリーの中でも最も美しくリアルな発色で、まさに象牙色です。
国産GAULTIER『ニューローズ』でも展開していた象牙色。
大理石彫刻のようなベースカラーにGOLDの薔薇が咲くシックな配色。

artherapie,心斎橋セレクトショップ,なんばセレクトショップ
このブルー色は国産ゴルチェの「ドラゴン」のブルー色を使用。
国産ゴルチェの「ニュー ローズ」にはない配色。
(株)ホワイ自ら考案した配色です。

artherapie,心斎橋セレクトショップ,なんばセレクトショップ
マットな質感。画像ではやや薔薇がシルバーのように写っていますが、BLACK単色です。
その他の色は全く着色されておりません。上品でシックな仕上がり。
ブラック色にトーンの違うブラック色の薔薇の配色は国産ゴルチェのニューローズシリーズにはなかった配色です。
一見すると同じに感じるかもしれませんが、国産ゴルチェのニューローズシリーズのブラックは、
一回の型押しで背景と薔薇が同色になっています。
アルセラピィのフィセルローズのブラックは、トーンの違うブラック色を薔薇にのせて再度彩色しています。
意図的に国産ゴルチェよりもひと手間多い工程です。これは(株)ホワイ自身が考案した仕様です。
(株)ホワイによる国産ゴルチェの『ニューローズ』シリーズには、オールブラックの色はありませんでした。
しかしながら2000年代前半、Galleryの完全別注によりGalleryの店舗限定でガラスレザーでオールブラックの色のニューローズ バッグと財布類を販売。もちろんGalleryの別注品の為、当時(株)ホワイの売り場やオンワード樫山の直営店でも販売できないものでした。
故に当時Galleryをご利用ではない方にはフィセルローズのブラックは初めての色と感じられることと思います。
1990年頃(株)ホワイによるニューローズの前身にあたる薔薇の型押しシリーズが短期限定で発表されました。
そのシリーズにはオールブラック色がありました。作品としては形や加工もアールヌーヴォー的でリアル。かなりの高級な仕様で価格も後のニューローズの倍程度。非常に硬い革で使いにくかった為、ヒットしませんでした。
Galleryが2000年代に別注のリスクを負ってまでオールブラックを復刻したのは、この前身のシリーズが不遇であったことへの執着からです。