ヴィヴィアンウエストウッド、ジャンポールゴルチェ、アルセラピィ、アレキサンダーマックィーンなど豊富な品揃えを誇る大阪なんばのセレクトショップ|Gallery

JeanPaulGAULTIER国内最多を誇る大阪なんばのセレクトショップ|Gallery

ヴィヴィアンウエストウッド、ジャンポールゴルチェ、ジュニアゴルチェ、アルセラピィ、アレキサンダーマックィーンなど

 
HOME»  ◆十日戎◆

◆十日戎◆

大阪セレクトショップ,なんばセレクトショップ

 

期間:1月16日まで

太古の時代、漁民にとって「戎」は遠くの大海より釣竿と鯛を手に現れた異邦人であり、畏怖の念さえ抱かせる者でした。
こうして七福神の一人、戎様は漁業において信仰の対象となりました。
今宮戎神社は聖徳太子の命によってこの地の鎮護としてお祀りしたのが始めと伝えられています。
当時は難波一帯は海沿いで、漁業の市が立ち、彼らは戎様を厚く信仰しました。
室町、江戸時代と商業が発展する中で、やがてそれは商いの象徴となりました。
現在、大阪のランドマーク的な存在の戎橋もこの神社への参道として江戸時代に架けれられた橋でした。
戎橋から今宮戎まではかなり距離がありますから、当時の今宮戎詣での人気がわかります。
参詣客が道をうずめ、福笹の波が青々と道にあふれる情景は300年以上続いています。
関西発祥の風習、信仰は多く、その一つが十日戎です。
全国に波及するに従い、それは商売繁盛だけでなく、豊作等の祈願も含まれる様になりました。
現代ではなんば駅周辺から今宮戎神社へ参詣するのが主なルートになっています。
そのもっとも重要な道筋にあたる今のなんばCITYはこうした深いつながりに因んで、毎年一月の「十日戎」の祭日には、元ロケット広場を中心に賑やかに飾りつけられ、献灯されています。
毎年約100万人が参詣に訪れます。
今年、今宮戎神社の十日戎に参拝される機会が御座いましたら、是非なんばCITY本館1FのGalleryへ御立ち寄り下さい。
スタッフ一同、心より御待ちしております。