ヴィヴィアンウエストウッド、ジャンポールゴルチェ、アルセラピィ、アレキサンダーマックィーンなど豊富な品揃えを誇る大阪なんばのセレクトショップ|Gallery

JeanPaulGAULTIER国内最多を誇る大阪心斎橋&なんばのセレクトショップ|Gallery

ヴィヴィアンウエストウッド、ジャンポールゴルチェ、ジュニアゴルチェ、アルセラピィ、アレキサンダーマックィーンなど

 
HOME»  SAMUEL TWEED(2)

SAMUELTWEED,サミュエルツィード,心斎橋セレクトショップ,なんばセレクトショップ

Samuel Tweed Fabrics サミュエル・ツイード・ファブリックスはイギリスを代表するシャギーツイードメーカーです。
会社は北部ヨークシャー地方のハダースフィールドのボルスター湿原で設立されました。
「ムーア」と呼ばれる荒地が広がる大地は近年まで、農業に適していませんでした。
付近にはエミリー・ブロンテの『嵐が丘』の舞台として知られるハワースの村もあります。
この愛憎と復讐の背徳の物語が展開するのに相応しい景色が広がっています。
この地方の羊毛業の起源は古代、ローマ人によって羊と毛織物技術が持ち込まれた時代まで遡ります。
不毛の地ヨークシャーでしたが、石炭等の鉱産資源とペナイン山脈からの水源に恵まれました。
19世紀に産業革命が興るとこれらの要素が揃ったヨークシャーは世界の毛織物産業の中心地の一つとなりました。
1953年に工場はハダースフィールドの南側ウィットリーウィローズへ移転しました。
そこには美しい水車用貯水池がり、黒鳥が生息していました。
社はこの黒鳥をブランドのアイコンにしました。
1970年代頃からモヘアの品質は世界的に評価を得ました。
特別な技術によってふんわりと起毛されたモヘアのマフラーはサミュエル・ツイード・ファブリックスの代表的な商品です。
生地は全て英国で生産されています。
起毛されることにより、チェックの柄のそれぞれの色は溶けたようなグラデーションに変化しています。
混じり合ったラベンダーとピンクはこの地に咲くヒース、ヘザーの花を連想させます。
また、ブルーとグリーンはペナイン山脈の山並みと川を表現したかのようです。
荒野を生き抜いてきた人々の知恵と努力が高級で美しいモヘアのマフラーを生み出しました。
やがて訪れる寒い季節の前に、イギリスの豊かな文化までも堪能できる一品を是非一度手に取ってお確かめください。

商品一覧

並び順: