ヴィヴィアンウエストウッド、ジャンポールゴルチェ、アルセラピィ、アレキサンダーマックィーンなど豊富な品揃えを誇る大阪なんばのセレクトショップ|Gallery

JeanPaulGAULTIER国内最多を誇る大阪心斎橋&なんばのセレクトショップ|Gallery

ヴィヴィアンウエストウッド、ジャンポールゴルチェ、ジュニアゴルチェ、アルセラピィ、アレキサンダーマックィーンなど

 
HOME»  FORNASETTI(12)

心斎橋セレクトショップ,なんばセレクトショップ
ピエロ・フォルナセッティ(Piero Fornasetti)は1913年11月10日にミラノで生まれました。
第二次世界対戦中にスイスに亡命するも、人生の殆どをミラノで過ごしました。
1930~32年にはミラノ中心にある名門ブレラ美術大学で学びました。併設するブレラ美術館はカラヴァッジョ、ボッチョーニの作品で有名です。
画家にして、彫刻家、インテリデザイナーとして活動しました。作品は11,000点以上になります。
彼は雑誌で19世紀のオペラ、ソプラノ歌手のリナ・カヴァリエリ(Lina Cavalieri)の顔を見つけました。
以来、彼女の顔をモチーフにした作品は500点以上になりました。
『テーマとバリエーション』(Tema eVariazione)と名付けられたカヴァリエリの顔のプレートシリーズだけでも350種以上制作されました。
フォルナセッティ自身にとっても彼女の何から、そこまでインスピレーションを受けたのかはわかりませんでした。
彼女、リナ・カヴァリエリは1874年のクリスマスにローマ近郊で生まれました。
少女時代は孤児で修道女として育ちましたが、旅芸人の一団と逃げ出し、パリのカフェで歌い始めました。
そしてリスボンでオペラ歌手としてデビューしました。活躍の舞台はニューヨーク、ロンドン、サンクトペテルブルク、ウクライナまで及び、ロマノフ家ゆかりの貴族をも虜にする美しさも兼ね備えていました。彼女は当時、「世界で最も美しい女性」と称賛されていました。
オペラ歌手として引退後、美容サロンを経営し美容製品の開発をしながら、「美の権威」としての地位を築きました。
彼女がアメリカで出演したサイレント映画の内の最後の3本は失われた幻の映画となりした。
彼女は生涯に4度の結婚をしました。
晩年は第二次世界大戦中には母国イタリアでボランティアの看護師として働きました。
そして、アメリカ軍の爆撃が始まり、貴重な彼女の宝石のコレクションを自宅に取りに帰った彼女と4人目の夫はシェルターには戻れませんでした。
彼女の数奇な運命は1955年には『美女の中の美女』というタイトルで映画化されました。
彼女の華やかでミステリアスな雰囲気がフォルナセッティを後押ししたのでしょうか、
作品はモノトーンで表現され、クールでモダンな雰囲気を醸し出しています。
そうありながら、こちらを見つめる顔はギリシャやローマの彫像、占星術、サイレント映画、ルネサンス等を見るものに連想させます。
芸術家でありながら、インテリアデザインまで手掛けるのは現代では珍しくありませんが、20世紀始めには画期的で、マルチアーティストの開祖とも言えます。
Galleryでは多岐に渡るフォルナセッティの作品の内、ネクタイにフォーカスし、販売します。
ネクタイのモチーフは毒々しいまでにも色鮮やかな珊瑚、コンパスやメジャー、ジョルジュ・メリエスのサイレント映画『月世界旅行』に登場する太陽や月の顔、イタリアのグロテスクな噴水、性器を連想させる果実等が取り上げられています。
グラフィックはそれぞれエッチングのような細かい線で陰影がつけられて美しさと狂気とユーモアを兼ね備えています。
芸術に魅せられたセレクトショップ、Galleryは類似したモチーフの衣服を長年扱ってきました。
この度Galleryとフォルナセッティの邂逅を果たしました。
是非この機会に邂逅の目撃者となって下さい。

商品一覧

並び順: