ヴィヴィアンウエストウッド、ジャンポールゴルチェ、アルセラピィ、アレキサンダーマックィーンなど豊富な品揃えを誇る大阪なんばのセレクトショップ|Gallery

JeanPaulGAULTIER国内最多を誇る大阪心斎橋&なんばのセレクトショップ|Gallery

ヴィヴィアンウエストウッド、ジャンポールゴルチェ、ジュニアゴルチェ、アルセラピィ、アレキサンダーマックィーンなど

 
HOME»  ブログ記事一覧»  なんばCITY本館1F店入荷商品»  Vivienne Westwood「Himalayan」BELT

Vivienne Westwood「Himalayan」BELT

Vivienne Westwood「Himalayan」BELT

Vivienne Westwood「Himalayan」BELT
心斎橋セレクトショップ,なんばセレクトショップ
ヨーロッパの秘境であり、憧れの土地がイギリス スコットランド周辺であるならば、
アジアではチベット地方がそれに該当するのかもしれません。

背後に迫るヒマラヤ山脈、行き止まりの地の果ての様な地理と厳しい気候。
僻地でありながら、文化の十字路として西洋、東洋、インドからの影響を受け続けてきました。

独特の死生観、世界観を持つチベット密教から生み出されたチベット美術は世界中の人々を魅了しています。
それらの代表的な曼荼羅はインドを起源としてチベットで多く制作され、遠く日本迄伝わりました。

生と死はストレートに表現され、生の象徴として性的結合像が多く制作されました。
一方、死の象徴として、スカル=髑髏は頻繁に使用されるモチーフとなっています。
スカルの仮面をつけて踊る儀式、高僧の頭蓋骨に彫刻や装飾を施した髑髏杯等も存在します。
多神教は人々の多面性、多様性を認めています。
タブーのないストレートな表現方法は生活に密着し、おおらかでもあります。

チベット美術のこれらの要素が自由な活動を求める芸術家達を惹きつけています。

ヴィヴィアン ウェストウッドはコレクションで『himalayan(ヒマラヤン)』と称してチベット美術をテーマとした作品を発表しました。
今回紹介するベルトは当時の作品のシリーズの一つです。
ベルトのバックルはスカルが連立したオーブになっています。
これはマハーカーラや、ヒンドゥーに起源を持つ人肉を食する女神ダーキニーを連想させます。
チベットの神の像と同じ様に、頭部にも小さいスカルの王冠が取り付けられています。
オーブのクロス部分の先端は仏具の独鈷の様に尖っています。

不遇の歴史を辿ってきた、ミステリアスな文化を有するチベットは世界中より注目されています。
是非ともこの機会に現物を御手に取ってご覧下さい。

ベルト部、牛革。日本製。 ¥14,040

2018-03-02 16:16:43

なんばCITY本館1F店入荷商品